Media Voice Station


各種防災情報から原稿・音声を自動で生成
人の手を掛けず
正確・迅速な放送送出を実現します
MCS

Media Voice Station

各種防災情報を受信・解析し、読み上げ用音声ファイルを自動で生成、送出するシステムです。
特に早朝深夜における担当者不在の時間帯に大きな災害が発生した際、
マスターからの制御により迅速に放送送出。運用者の負担を軽減します。

システムの主な特徴

システムの主な特徴

自動送出/手動送出の2つのモードを搭載

・アナウンサー不在時、担当者1名によるワンマンオペレーションでもスタジオから迅速に災害情報を手動送出することが可能です。

 手動送出

・無人時間帯(主に夜間早朝帯)は、マスターから災害情報を自動送出することが可能です。

自動送出

細かなフィルタリング設定

自動送出対象はフィルタリング設定が可能で放送エリアに合わせた情報を送出可能です。

<設定項目>
・送出対象地域
・最大震度・最下限震度
・特別警報・警報・注報等グレードなど

Text to Speechエンジンで自然な音声合成

地名辞書登録などの機能を有し、読み仮名、イントネーションなどをあらかじめ登録。
人の声に近い自然な音声合成を実現します。
市町村合併などのメンテナンス時のコスト削減が可能です。

構成図

構成図

取扱可能なデータ

・緊急地震速報 ※オプション
・地震速報
・気象特別警報・警報・注意報
・津波警報・注意報
・津波到達予報
・津波観測情報
・沖合津波観測情報
・土砂災害警戒情報
・噴火警報
・噴火速報
・竜巻注意情報
・記録的短時間大雨情報
・指定河川洪水予報
・南海トラフ地震に関する情報

製品カタログダウンロード

 製品カタログ(PDF)

PRODUCT

当社の扱っている製品
自社開発製品